03-6906-8177

LICENSE ライセンス

ライセンスの取得条件

DSD 体験ダイビング

最低所要日数
1日
最低年齢
10才以上
認定条件
なし
こんな人にオススメ
  • ライセンスを取る前にダイビングを体験してみたい方。
  • ライセンスまでは取らないけど、ダイビングをやってみたい方。

PSD スクーバ・ダイバーコース

最低所要日数
3日
最低年齢
10才以上
認定条件
  • 学科講習:テスト75%以上
  • プール講習
  • 海洋実習:2本
認定後にできること

プロと一緒に潜ることを条件に最大水深12mまで潜ることができる。

こんな人にオススメ
  • 体験ダイビングでは満足できないけど、気軽にダイビングを始めたい方。
  • ダイビングを始めたいけど、なかなか時間が取れない方など。

OWD オープンウォーター・ダイバーコース

最低所要日数
4日
最低年齢
10才以上
認定条件
  • 学科講習:テスト75%以上
  • プール講習
  • 海洋実習:4本
認定後にできること

仲間と一緒に最大水深18mまで潜ることができる。(経験の範囲内)

こんな人にオススメ
  • 多くの方がこのライセンスからスタートします。
  • これからダイビングを趣味にしたい方。

ADV アドベンチャー・ダイバーコース

最低所要日数
2日
最低年齢
12才
認定条件
  • 学科:テストなし
  • 海洋実習:3種類のお好きなアドベンチャーダイブ
認定後にできること

経験の範囲内でダイビングを楽しむことができる。

こんな人にオススメ
  • アドバンスド・オープンウォーターダイバーを取得したいが、なかなか時間が取れない方。
  • 色々な経験を増やしたい方。

AOW アドヴァンスド・オープンウォーター・ダイバーコース

最低所要日数
3日
最低年齢
12才以上
認定条件
  • 学科:テストなし
  • 海洋実習:ディープ、ナビと3種類のお好きなアドベンチャーダイブ
認定後にできること

最大30mまで(経験の範囲内)

こんな人にオススメ
  • 様々な遊び方や技術のコツを覚えたい方。
  • 様々なダイビングポイントを制限なく楽しみたい方。

EFR 大人用応急手当

最低所要日数
1日
最低年齢
なし
認定条件
  • 学科講習:テスト75%以上
  • 実技
認定後にできること

大人用の応急手当てを覚えることができる。
REDコースを受講することができる。

こんな人にオススメ
  • レスキューダイバーになりたい方。(レスキューダイバーコースの前条件)
  • ダイビングの際や、日常生活で、いざという時に応急手当てが出来るようになりたい方。

CFC 子供用応急手当

最低所要日数
1日
最低年齢
なし
認定条件
  • 学科講習:テスト75%以上
  • 実技
認定後にできること

新生児や子供のための応急手当てを覚えることができる。

こんな人にオススメ
  • ご自宅に小さなお子様がいる方。
  • 保育園や幼稚園などにお勤めの方や、子供に触れ合うことが多い方

RED レスキュー・ダイバーコース

最低所要日数
3日
最低年齢
12才以上
認定条件
  • 学科講習:テスト75%以上
  • プール又は浅場のある海で練習
  • 海洋実習:2つのシナリオ
認定後にできること

ファンダイビング中に仲間たちのリーダーになったり、いざという時にとても頼りになる。
危険に対して、熟知したベテランダイバーになれる。

こんな人にオススメ
  • 一緒に潜る人の力になりたい方。
  • いざという時に、役に立ちたい方。
  • 仲間に安心感を与えたい方。

MSD マスター・スクーバ・ダイバー

最低所要日数
0日
最低年齢
12才以上
認定条件
  • RED以上
  • 5種類以上のSP
  • 50本以上の経験
認定後にできること

アマチュアの最高のランクを所有できる。

こんな人にオススメ
  • アマチュアの最高峰の証が欲しい方。
  • 趣味を極めた証を持ちたい方。

DM ダイブ・マスターコース

最低所要日数
7日以上
最低年齢
18才
認定条件
  • 学科講習:テスト75%以上
  • スタミナ実習:①〜④合計得点15点以上 ⑤得点3点以上
    1. 400m水泳
    2. 15分立ち泳ぎ
    3. 800mスノーケルスイム
    4. 100m疲労ダイバー
    5. 器材交換(3点以上)
  • ダイバー・レスキュー
  • ダイブスキル・ワークショップ:
    各スキル3点以上、合計得点82点以上(最低1スキルで5点を取る)
  • 実践スキル
    1. ダイビングポイントでのセットアップと管理
    2. 水中マップ作成
    3. ブリーフィング
    4. サーチ&リカバリーのシナリオ
    5. ディープダイビングのシナリオ
  • ワークショップ
    1. ReActivate(復習コース)プログラム
    2. スキン・ダイバーコースとスノーケリングの監督
    3. 限定水域での体験ダイビングプログラム
    4. 体験ダイビングの海洋
    5. ツアーのガイド
  • 実践評価
    1. OWDのプール講習アシスト
    2. OWDの海洋実習のアシスト
    3. ステップアップコースのアシスト
    4. ツアーガイド
  • 経験本数40本以上
認定後にできること

ダイビングツアーのガイド。
浅場のある海またはプールでの体験ダイビングの主催。

こんな人にオススメ
  • 自分の技術を高めたい方。
  • 将来インストラクターになりたい方。
  • インストラクターのお手伝いをしたい方。
  • 仲間に安心して潜ってもらいたい方。

スペシャリティコース

スペシャリテーコースは、それぞれの項目をより深く知ることのできるものや、スキルのコツを得ることができたり、経験の範囲を広げることのできる独立したコースです。
ご自分のダイビングスタイルに合わせて、より良いコースをご選択ください。

※ディープ・ダイバーを取得した方のみ40mが最大水深となります
※エンリッチド・エアにてダイビングをされたい方は、エンリッチド・エア・ダイバーは必須となります。

2本
ダイブ・アゲンスト・デブリ
ゴミ拾いを通じて環境を考えるコース
ボート・ダイバー
ボートダイビングのやり方覚えるコース
ディレイド・サーフェス・マーカー・ブイ
シグナルフロートの打ち上げ方を覚えるコース
デジタル・アンダー・ウォーター・フォトグラファー
デジタルカメラでの水中写真の撮り方のコツを覚えるコース
ダイバー・プロパルジョン・ビークル・ダイバー
水中スクーターを使ったダイビングのやり方を覚えるコース
ドリフト・ダイバー
流れのあるところでのダイビングのやり方を覚えるコース
ドライスーツ・ダイバー
ドライスーツを使用したダイビングのコツを覚えるコース
エンリッチド・エア・ダイバー
酸素の割合の多いシリンダーを使った潜り方
魚の見分け方ダイバー
魚の見分け方を覚えるコース
フルフェイスマスク・ダイバー
フルフェイスのマスクを使用したダイビングの技術を思えるコース
マルチレベル・ダイバー
段階的に深度を変えていくダイビングの計画のやり方を覚えるコース
ビーク・パフォーマンス・ボイヤンシー
中性浮力のコツを覚えるコース
アンダー・ウォーター・ナチュラリスト
ダイビングを通して、水中の動植物の知識を覚えるコース
アンダーウォーター・フォトグラファー
フィルムを使った水中カメラのコツを覚えるコース
3本
ナイト・ダイバー
夜の海を潜るための技術を覚えるコース
アンダー・ウォーター・ナビゲーター
コンパス等使用して、水中で方位を把握するコツを覚えるコース
アンダー・ウォーター・ビデオグラファー
水中動画を撮るコツを覚えるコース
4本
ディープ・ダイバー
最大水深40mを経験し、深く潜ることのリスクや潜り方を覚えるコース
サーチ&リカバリー・ダイバー
水中で探し物を見つけるコツを覚えるコース
レック・ダイバー
沈船に潜る際の技術を覚えるコース
学科講習また実技のみ
Project AWARE スペシャリスト
環境全般を覚えるコース
サンゴ礁の保護
環境サンゴ礁の知識を覚えるコース
器材スペシャリスト
ダイビング器材の特徴や、メンテナンス、取扱を覚えるコース
エマージェンシー・オキシジョン・プロバイダー
緊急時の酸素供給方法を覚えるコース

よくあるご質問

お問い合わせ